【SOBASUTA】

SOBASUTA代表の傍嶋賢のブログです。 主に、プロジェクトの日記や作品の制作をアップします。 さあ仕事仕事

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10-13

2011

【デッサン教室】セミを描く!セミを描く!

DSC03807.jpg

本日のお題は「セミ」。
昆虫自体あまり描かないので、興味をそそります。
夏はうるさいアブラゼミもよく見ると美しい羽の模様をしています。

DSC03809.jpg

まずは、ラフスケッチ。全体の輪郭や見せ場(顔の辺り)を線で描きます。
スッテドラー4B使用。

DSC03810.jpg

大まかな陰影とポイントとなる箇所を強くおさえます。
光が右上からきている設定にします。

DSC03811.jpg

空間を出しやすくする為に、手前の顔の部分から先に描いていきます。
暗い部分から描くと進行がスムーズです。

DSC03812.jpg

この時点で、顔や足の立体感出します。
見せ場は早めに描写するのが、効率の良いデッサンの方法です。
ここまでほぼ4Bのみです。

DSC03813.jpg

次に、明るい部分の背中と羽を表現します。
羽の柄を丁寧に観察し描きます。
ここから、2BやH,2Hなど使用します。

DSC03815.jpg

背中の部分も凹凸を意識しながら、
こすらずザラザラした調子で描きます。
2B使用。

DSC03816.jpg

セミの羽をじっくり見る事はなかったので、
描写が楽しいですね。観察して発見して楽しく描くのがデッサン上達の秘訣です。
Hと2Hが中心です。

DSC03817.jpg

羽を描いてほぼ完成。いくらでも描写が出来そうなモチーフですね。
昆虫系はハマりそうですね~。フォルムがかっこいい!

みなさんもレッツ昆虫デッサン!!

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。